歯科の被せ物の色

歯科の被せ物の色について

歯科治療と被せ物の色の選択肢

歯科治療には、保険適用での治療と自費治療があります。保険適用の治療と自費治療の一番の違いは、被せ物や詰め物の素材について保険適用の治療では制限がありますが自費治療ではその範囲が広がることです。例えば保険適用で奥歯の治療を受けるとなると補てんに使える素材は限定されてしまいますが、自費であればその選択肢がずっと広がります。目立たない樹脂の被せ物を使う場合でも、自費での治療であればその微妙な色合いの調整も可能です。自費治療で使える補てん物の素材は大変幅広いので、自費治療を行う歯科では丁寧なカウンセリングを行って治療プランを提案していきます。

被せ物を寿命を延ばすには

歯科で虫歯などの治療を受けて被せ物をした際、すぐに取れてしまったり、割れてしまったというような経験をした方は少なくないはずです。この時、再治療を受けると新たに歯を削る必要なども出てくるため、歯の寿命を短くしてしまう原因となります。そうならないためにも、歯科医選びを慎重に行うことが必要です。被せ物がぴったりはまっていないような場合、そこに生まれる僅かな隙間から虫歯菌が入り込んで被せが外れる原因となります。ですので、出来れば技工士が常駐しているような医院や治療の評判よいような医院を選ぶように心掛けましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科の被せ物の色について All rights reserved