歯周病と食事の関係

歯周病で歯を失うことに

歯周病と上手く付き合うには

歯周病は日本人の多くが患っている国民病の一つです。症状は歯茎が赤く腫れる、歯茎から出血する、歯が痛くなる、歯茎が下がる、口臭がきつくなる、歯がしみるなどといったものがあります。このような症状が出てきたときには既にかなり進行してしまっていることも多く、そのまま放置していると最悪の場合歯を失ってしまう危険性があります。しかし毎日の歯磨きを欠かさずに行ったり、定期的に歯医者に行って診察してもらうことで歯周病の予防や進行を抑えることが出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の被せ物の色について All rights reserved