歯科の利用法です

歯科の選び方のポイント

歯科検診を定期的に通う

虫歯や歯周病などの口腔内の不調がなくても、歯科には定期的に検診に行くことが大切です。自分では気づかないほどの小さな虫歯になっていることもありますし、何より普段の歯磨きなどの自宅でのケアでは、歯の間に入り込んだ汚れをすべて取り除くことはできません。そのため、僅かに残った汚れがそのうちプラークとなり、虫歯やその他のトラブルを引き起こす可能性があるのです。そのため、定期的に検診に行き、クリーニングをしてもらうことで、これらのトラブルの可能性をなくすことが、必要なのです。

歯医者で定期的に口腔内のケアを

今では電動歯ブラシが普及し、口腔ケア用品もたくさん出回っており、歯のケアに対する意識は高まっています。けれども、歯茎の手入れの方は忘れられることが多いので、注意が必要です。歯茎は歯を支えている重要な部分です。歯磨きをするときには、歯茎も丁寧にブラッシングして、歯垢が白くなって歯茎に残っていないか確かめるようにしましょう。また、定期的に歯医者で取り除けない歯垢をきれいに除去してもらうようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の被せ物の色について All rights reserved