歯科の被せ物が外れる

歯科の被せ物が外れるについて

歯科で被せ物が外れる原因

歯科で施術してもらった被せ物が外れるトラブルが起こってしまった場合に考えられる原因としては、虫歯になって歯が溶けてしまうことで合わなくなってしまうことと、セメントに寿命がきて、外れてしまうということがあります。外れてしまった場合には、虫歯になっていなければそのまま付け直すことが出来る可能性があります。そのため、もし、外れてしまった場合にはすぐに歯科に受診することが大切です。その際にやってはいけないことは、被せ物を自分で接着剤でつけてしまうことです。現存の歯の表面に雑菌を閉じ込めてしまうことになるため、付けることで虫歯になってしまったり、根っこに膿が溜まったり、接着剤は水に弱いため、中が溶けて空洞になりそこから虫歯になってしまうことがあるので、早めの受診が一番の解決策です。

歯科治療で使う被せ物の種類とは

歯科治療では、いろいろな被せ物を使って治療をした部分を補てんします。治療には保険内での治療と保険外の治療があり、保険内の治療では補てん物として使える素材に限りがあります。そこで自費治療である保険外治療を選択することで、審美性の高い被せ物を選ぶこともできます。審美歯科は、口の中の機能回復とともに見た目の美しさというところにも重点を置いた治療をする歯医者さんです。虫歯や歯周病など一般的な口の中の疾患の治療だけではなく、歯の変色や歯並び、噛み合わせなどについても審美性の高い補てん物を使った治療が受けられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の被せ物の色について All rights reserved