歯科の被せ物と保険

歯科の被せ物と保険について

歯科で保険適用の被せ物

歯科で保険適用の被せ物は、硬質レジンジャケット冠、硬質レジン前装冠、金属冠があります。硬質レジンジャケット冠と硬質レジン前装冠は、前歯に使用されます。硬質レジンジャケット冠がプラスチックでできているのに対し、硬質レジン前装冠は、中身は金属で、外から見える前面の部分にのみプラスチックが貼り付けられています。見た目が白く、中身が金属であることから強度が強く、最も多く使用されています。金属冠は銀歯のことで、強度が強く、ほとんどの部位に使用されます。歯科で保険適用の被せ物は、どれも安価で経済的な負担が軽く済みます。

歯科で保険適用の被せ物をする

虫歯などの治療で歯に被せ物をすることがあります。いわゆる冠と呼ばれるものです。歯科では保険適用のものと保険適用外のものとがあります。一般的に銀歯と呼ばれるものは正確には金銀パラジウム合金という素材でできています。こちらは保険適用です。見た目を考え、白い被せ物をすることがあります。これは前歯に対しては保険適用となりますが、奥歯に対しては保険適用外です。理由は、大きな口を開けなければ、奥歯まで見えないためです。見た目にこだわった必要以上の行為と考えられ、歯科の診療報酬点数表の規定外と考えられてしまうのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の被せ物の色について All rights reserved