歯科の被せ物の素材

歯科の被せ物の素材について

歯科の被せ物セラミック

虫歯などで歯科医院で治療してもらうときに、歯科医師が選ぶ被せ物は一般的に保険適用のものになります。となると、だいたい金属製のものになり、見た目の点でセラミック製のものにくらべて劣ります。そのぶん強度は強いのですが、しゃべったり笑ったりしたときにギラッと見えてしまうのが嫌だと思う人もいるかもしれません。とくに人前にでて、いつも笑顔でいなければならないような仕事に就いている人だと、印象も違ってくるでしょう。そういう場合だと、セラミック製のもので治療してもらったほうが、後々心理的にスッキリするのではないでしょうか。

白くできるようになった被せ物

歯科の治療に使われる被せ物材料は、技術の進歩と共に日々変わってきています。少し前までは奥歯には金属しか入れることができませんでした。これは強度と大きく関係していて、白い素材のものですと、奥歯の噛む力に負けてしまい割れてしまうことが多かったためです。しかし現在では金属に負けない強度を持った、セラミックやポーセレンのような素材があります。前歯だけではなく奥歯も白い歯にできるようになりました。ただ、これらの白い素材は審美歯科とよばれ保険適用がされない素材ですので10万前後の高額な治療費がかかる事も覚えておきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の被せ物の色について All rights reserved